« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の5件の記事

2007年11月28日 (水)

静岡でレイキの合宿

またまたご無沙汰してしまいました。静岡”現代レイキ”合宿へ5泊6日で行っていました~。

初めての参加で、色々と不安でしたがなんとか無事に終了しました。かなりハードなスケジュールだったので、疲れがでたり、好転反応がでたりしないかと・・・

それが不思議なことに、疲れはまったくでませんでした!自分でもびっくり(*。*)

Nec_0006 Nec_0003セミナーの中で、野外ワークもありました。近くの神社へ行ったり、海へ行ったり、久しぶりに子供の頃のように自然とたわむれて楽しんできました。

また、セミナー会場からは”富士山”も見えたり、日の出を見るために5時に起床したりして!

南アルプスを眺ていると、最近自然のパワーを再発見している自分に気づきました。日本人で良かった~!その精神を受け継いで良かった~!と思います。

色々なワークもあって、吸収することばかりで、アタフタしながらも、すごく勉強になりました。

一緒に参加した方達は、再受講の方が多く、皆さんのレベルが高く、初参加の私は、ついていくので必死でしたが。。。思い切って参加してよかったと喜んでいます♪

うれしいことに、またお友達も増えました~皆さん、これかれも仲良くしてくださいね!(☆。☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

サブパーソナリティー(副人格)って?

ヒプノセラピー養成講座の4回目を受講してきました。今回の講座で”サブパーソナリティー(副人格)”というのがでてきました!

サブパーソナリティーとは?私達の心の中には、自分が自分として認めている自分、認めていない自分、認めたくない自分などがいます。

たとえばそれは、厳しい裁判官、怒りっぽい自分、甘える自分、先生みたいな自分、だらしない自分、傷ついた自分、頑張っている自分、弱い自分、などなどだいたい一人の中に50人以上の人格があるそうです!(*。*)

このサブパソナリティーがいることで、今の私達が生きてきた背景があるのです。作られているのです。

主人格に対して、サブパーソナリティーは副人格といいます。

ヒプノセラピーでは、主人格を中心として、出てきた副人格と対話をします。

それぞれの人格の言い分を戦わせて、両者を歩み寄らせて、主人格に協力してもらうようにします。人格を統合していきます。

なんか不思議でしょう?皆さんの心の中にもいるんですよ~。

これは、映画やドラマに出てくる”多重人格”とは違います。

確かに、催眠状態ではなくても、色んな違う自分がいるな~?って思うことはありますよね~!

どうですか?また、少しヒプノセラピーのこと解っていただけましたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

え~っ!糖尿病予備軍?

カラダのキモチ(11/11放送)を観ていると・・・「血糖値の意外な落とし穴?」というのをやっていました。糖尿病は合併症が怖いんですよね~。

健康診断で行っているのは、空腹時の数値だそうです。それでは正確な診断はできないので、食後1時間後を調査すると。。。

隠れ糖尿病糖尿病予備軍は、なっなんと!6人に1人だそうです!(*。*)

この数字を聞いて、ちょっとびっくりしませんか?

そうなんですよね~。カロリーを減らそうと頭では思うんですけど、美味しいものがあり過ぎて、ついつい食べすぎてしまって、運動はしないんですよね~。

1日30分の運動でよいので、継続して、習慣にするといいそうですが・・・?

ところで、1日の歩行数がワースト1位ってどこの県か知っていますか?

それは、徳島県で全国平均より”マイナス1000歩”だそうです。

そこで徳島県では、2年前から”阿波踊り運動”というのを県民の皆さんにすすめているそうです。インストラクターの方もいるそうです。

この運動は、足腰に効くそうです。筋肉の7割が脚の筋肉なんです!

1回の運動が、3分30秒で、500歩の効果だそうです。朝晩で、ちょうど不足分の1000歩を補えることになります。

私にもこの体操を教えて欲しいで~す♪

それから、”血糖値が上がりにくい食べ方”があるそうです。

ごはん漬物味噌汁のなかで、一番最初に食べたほうがいいのはなんだと思いますか?

正解は、味噌汁だそうです。水分が糖質を上げるのを押さえるそうです。なので、ミネラルウオーター、ウーロン茶、トマトジュース(甘くない)などでもいいそうですよ!

食べ方は”三角食べ”がいいそうです。同じ物ばかり食べると糖質が上がりやすいので、ちょこちょこ違う食べ物を食べると、糖質以外のものが入ってくるので、上がりにくいそうです。

そこでまた、クイズです。食後のデザートではケーキ果物のどちらが血糖値が上がりにくいでしょう?

答えは、意外にも”ケーキ”なんです。果物は加糖ですからね~。ケーキは糖質意以外のものが含まれるからなんだそうですよ!

といって食べ過ぎると。。。甘いものは食べないのが一番いいんですよね~。

甘い物の誘惑に弱いルナでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

あなたは”精霊”を見たことがありますか?

Dscf1277 すみません!いきなり”精霊”なんて言っちゃったんで、引いている人がいるのでは?。。。

大人気のドリーン・バーチュー博士の『魂の伴侶と出会う旅』を読んだばかりなもんで!!

この本には、ドリーン先生が精霊に導かれながら、家庭内の不和を克服し、公私ともにかけがえのない現在のパートナー、スティーブンとめぐり合い成功するまでのお話が書かれています。

もちろんドリーン先生の体験談、実話なんですよ~。

アメリカ人の80%は天使の存在を信じているそうです。日本では??

でも、精霊となると?。。。やはり物語の中だけ!という感じのようです。

辞書には・・・山川、草木に宿る神霊。と書いてあります。

自然の精霊の役割とは?・・・心を通じて繋がることを得意とすることができるそうです。人間と協力しながら地球を守ろうとしています。

精霊を知る最良の方法は、地球に対して優しい態度で接することだそうです。

と言っても、まだ私も出会ったことはないので、もっと地球のことを考えないといけないんでしょうね~。

すでに出会ったことがある方は、教えてくださ~い♪

ドリーン先生は、生まれながらに霊視能力があられるのですが、天使のメッセージ、コンタクトを取るヒーラーで、世界中でワークショップを開催されています。

二人目の夫のマイケルとだんだんスピリチュアルな感覚がズレていってしまいます。

ドリーン先生は、精霊とも出会ってから、どんどん成長していかれます。

そして、精神世界について話す私をそのまま受け容れてくれる男性(パートナー)が欲しくなります。これが、皆さんご存知の”ソウルメイト”なのですが!

その男性が、スティーブンなのですが、そこにはサプライズがあったのです!(*。*)
「うっそ~!」「まじで~、信じられない!」と鳥肌がたつようなお話が。。。

そうなんですよね~。まだまだ自分自身は、死ぬまで成長し続けたいと思っていても、パートナーが一緒に成長してくれるとは限らないので・・・

スティーブン&ドリーン夫妻は皆さんの”理想の夫婦”ということになりますよね~♪なんと、羨ましい☆★☆★☆

ぜひ、興味がある方は読んでみてくださいね~。(☆。☆)

★『魂の伴侶と出会う旅』書籍は・・・コチラ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

”ユトリロ展”に行ってきました♪

2007年10月26日~12月2日まで福岡県立美術館で『モーリス・ユトリロ展』開催されています。

私は絵心がないので、あまりよく解らないのですが、新聞に何回も載ってきたので?「行ってみようかな~?」と思って行ってきました。

福岡県立美術館へ行ったのも今回が初めてです。やはり、色々な物を見て感性を磨かないとですね~。芸術の秋ですから~♪

モーリス・ユトリロ(1833~1955)はサクレ・クール寺院やキャバレー(ムーラン・ルージュ)で知られるモンマルトルを描き続け、白色の表現で評価の高い画家です。

会場では、30点以上の日本初公開作品を含む80点が紹介されています。

また、ユトリロが描いた風景の場所も地図で案内されていましたが、なんせパリに行ったことがないので、「どこ~?」っといった感じで、「あっ!あそこね~!」と解らないのが残念でした。機会があればフランスには行ってみたいな~と思っていますが。。。

会場には本当にたくさんの作品がありました。「白の時代」から晩年の「色彩の時代」まで。作品の感じが「同じ人が書いたの?」と思うくらいに違っているんですよね~。

一枚一枚に、ユトリロの心の声が描いてあるような?伝わってきたような気がしました。

複雑な家庭環境の中に生まれ、なかなか定職に就くことができず、アルコール依存症になって、好きな絵を好きな場所でどんな思いで描いていたのでしょうか?

日本にも有数のファンがいるそうですが、会場には、ユトリロが愛用した、絵の具・パレット・マント・バッグ・受賞したパリ名誉市民のメダルも展示されていましたよ!!

ファンの方は必見でしょうね♪欲しいくらいですよね~!

ぜひ興味がある方は、まだまだ開催中なので行ってみてくださいね。(^O^)V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »