« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の3件の記事

2012年5月28日 (月)

噛む習慣☆彡

ダイエットrestaurant』とか『やせる』って聞くと、なぜかお耳earがピクピクしちゃう方が多いのではsign02

女性ばかりではなく 男性もねっsign03

そこで今回は、ある講座の宿題で実践した方法をご紹介しますねflair

宿題は2回出ましたので、まずは1回目の宿題からbook

それは。。。

食事の時に『一回で30回噛む』ですriceball

一口づづ30回噛みます

30回噛んだら〇印を記入していきますpencil

食事の開始時間と終了時間も記入してくださいね

毎日、朝・昼・晩と3回

なぜ記入するのかsign02

今まで噛む習慣がない方に「良い習慣」を身につけるためです

本当は、こういう習慣は幼児期にしないといけないのですが。。。

無意識で30回噛んで呑み込むようになればgoodですねgood

因みに私は、30回数え終わってみると。。。

ええぇぇ~ まだ呑み込めないsign03bearing

いったい何回噛んでいるのか、数えてみると。。。

70~80回でした~happy01

もう習慣になっていたんですねup

なぜ噛む習慣が身体に良いのでしょうかsign02

それは。。。

まず、食べ物を咀嚼して胃の消化を助けます

それから、”満腹ホルモン脳内ヒスタミン”ですshine

脳の満腹中枢を刺激してくれるのが『脳内ヒスタミン』です

これが多いほど強く刺激されるのです

ヒスタミンは、アレルギー症状を引き起こすのですが、食欲を抑制してくれるのです

噛むことで、脳の中だけでヒスタミンを増やすのです

満腹中枢は食べてから20~30分してからしかスイッチが入りませんcoldsweats02

早食いの方は、満腹感を無視して食べてしまうのです

ついつい短時間で食べ過ぎて

スイッチが入る前に食事が終わってしまうsign03とか

満腹中枢のスイッチを入れることでカロリーを減らすnote

また、脳内ヒスタミンは、内臓脂肪も減らしてくれるとかnote

でも最近の食生活は柔らかい食べ物が多いですよねfastfood

だから、あまり噛む必要がなく噛む回数が減ってしまします

だから意識的に「噛みごたえのあるもの」を選ぶと良いですよsmile

「硬いもの」「食物繊維の多いもの」がオススメですapple

パンならフランスパンとかbread

タコ・れんこん・ごぼう・きゃべつ・煮干し・こんぶ・キノコ・りんご・せんべい・ガムetc

それから、食べ物が口の中にある時は、飲み物を摂らないsign01流し込まないsign03

よく噛むと、食べ物が細かくなり、自然に呑み込めるようになってきます

なかなか30回噛めない方は。。。

最後の手段fuji

1回分をお口の中に入れたら。。。

箸を置くsweat01

そして30回噛んで呑み込んでから次の1回分を食べるrestaurant

毎回、箸を置いてくださいねflair

そそsun最後に驚くべき唾液の効果もねbleah

唾液に含まれる”ペルオキシターゼ”という酵素が食品中の発ガン性をおさえてくれたり

老化防止ホルモンの”パロチン”も含んでいたりhappy02

すごいですよね~upscissors

ぜひ、皆さまも『30回噛む習慣』やってみてくださいね o(*^▽^*)o

知っているのと、実践するのでは効果が違いますのでbell

タダだしmoneybag 色々なダイエットやるよりオススメですよpenguin

基本的なことですけどねっbud

☆関連記事☆・・・計るだけダイエット

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

やっぱり納豆は凄い☆彡

納豆は3000~4000年前の縄文時代から食べられていたそうですaquarius

奈良時代には完全に定着した食材です

納豆には原料の大豆の栄養分のほかに、『納豆菌』の優れた作用がありますflair

納豆には1gに10億個以上の納豆菌がいます

その納豆菌は、胃酸にも耐えて腸までたどり着き善玉菌の増殖を助けますので便秘の方にもオススメですgood

それから、納豆菌が作る酵素に『ナットウキナーゼ』があります

これは、納豆菌だけが含む酵素で、血液をサラサラにして動脈硬化の予防に役立ちます

血栓の予防にもなります

更に、納豆菌に含まれる『ポリアミン』は、老化防止・若返り効果がありますflair

ポリアミンは、身体の中で作られるのですが年齢とともに。。。down

なんでも年齢とともにパワーダウンしていきますよねweep

でもでも大丈夫sign03

納豆を1日に1パックを食べることで健康維持できます

よくかきまぜて20分間放置することで増やせますよhappy01

また、『大豆ペプチド』には、脂肪燃焼促進効果がありますので、ダイエット効果ありで、基礎代謝を高める効果もありますup

そして、女性には嬉しい『イソフラボン』も100gで100mg摂取できます

女性ホルモン様作用や美肌・美白効果がありますshine

その他の健康効果としては、整腸作用・免疫力UP・コレステロールの代謝を促す・活性酸素の働きを抑えるなどがあります

納豆菌と乳酸菌を一緒に食べると良いそうですよnote

納豆菌が分解されて、乳酸菌のエサになって乳酸菌が増殖するのです

キムチも乳酸菌がありますので、キムチ納豆はオススメですねbell

私は、お味噌汁に納豆やキムチを入れますよ~

カレーのトッピングやマヨネーズで納豆サラダにしてパンにのせたりねrestaurant

どうですかsign02

ネバネバパワーは凄いでしょうsign02

それに安いのも魅力的ですよね~moneybag

ぜひぜひ、あなたの食卓にも『納豆』をいかがでしょうかsign02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

『スルットKANSAI』で♪

こんばんわ~moon3

GWも終わっちゃいましたねnote

私は『スルットKANSAI』で”癒し旅”してきましたよsmile

P5061894

2dayと3dayがありますが、今回は2dayチケットで行くことにbullettraindash

連続2日間有効で3800円ですmoneybag

姫路~奈良、京都、和歌山まで行けちゃいますgood

それに食事やお買いもの、施設の優待券も付いていますbleah

今回は、以前より気になっていた『鞍馬山』へ行ってきましたrun

ええぇぇ~~なんで??って。。。

霊気shineを学ぶと必ず出てくるのが。。。

臼井先生が悟りを求めて断食中(大正11年3月)、強烈な宇宙のパワーが脳天を貫き悟りを得た場所が鞍馬山なんですfuji

なかなか行けなくてwww

かなり歩くのでスニーカーと斜めバックでと思ったのですが、リュックのほうが良いかも?っと衝動買いですsign03

P5071900

されさて出発note

と電車を乗り継いで鞍馬山駅に到着

P5041796_2

P5041797
P5041798
これからテクテク歩くのでお食事をrestaurant

P5041799

この親子丼に+ミニおそばでエネルギー充電scissors

テクテク歩いて行くと。。。

P5041803
P5041804
P5041805
鞍馬寺で~すhorse

牛若丸の修行の地として知られています

てくてくnote

P5041810

P5041809_6
そのドラゴンボールbombちょうだいhappy02

それから。。。

国重要文化財の『由岐(ゆき)神社』へflair

P5041811

P5041812_5

P5041816_5

P5041818


P5041819
てくてくnote

鞍馬山の教えのシンボル『いのち』shine

P5041821

P5041820

P5041823_3
新緑の紅葉もキレイですねbud

P5041825_2
てくてくnote

そして、いよいよ『木の根の道』

私が持っているヒーリングCDのジャケットに。。P5071899
実際に歩いてみましたup

P5041842_2

P5041852_4
それから、山道を下って行きます

P5041860

鞍馬山のパワーthunderビンビンですねflair

てくてくnote

P5041863

今度は『貴船神社』です

水を司る神社です

P5041867

P5041875_4

P5041874_2
てくてくnote降りていくと。。

貴船川がありますfish

P5041880_2

P5041881_4
P5041885
川の流れの音が、なんとも癒される音でした~ear

そそsign03忘れずに御朱印もpencil

P5071901

P5071902
パワースポットへ行った時は、その場所の湧水を飲むと良いのですが。。。

今回はミネラルウオーター&ホテルの方にいただいたグレープフルーツにパワーをたくさんいただいてきました~fuji

ほ~らsign03ねっup

P5061895
お天気がとても不安定で、晴れていても雨が降ってきたりrain

でも、不思議と歩いていると、そんなことはあまり気にならないんですよねwink

歩くので精いっぱいの感じもあったけど。。

てくてくnote楽しい時間を過ごすことができました~heart04

また、ぜひ行ってみたいで~すsun

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »